多くの自動車保険の会社は親切丁寧とCMを行いますが事故をしてしまったケースで本当にきちんと処理してくれるか心配です。とりわけインターネットや電話で入る事が出来るダイレクト型自動車保険と呼称するお店所持していたい保険会社では顔が見えないという状況も心配の材料となりそうです。しかしながら、ダイレクト型自動車保険と現実のお店が整っている車の保険会社の対応力にほとんど隔たりはありませんし通販型自動車保険のほうが人件費が節減できる分月々の掛金が下げることができるので事故が起きなければ保険料を安くすることができます。それでは、保険会社によって事故対応に違いがあるかといわれればイエスと答えます。その隔たりは店舗型自動車保険ダイレクト系自動車保険という差異ではなく個々の保険会社によって事故処置をしてくれる時間や曜日がちがうことによります。車の事故はどんな場面で遭遇するか分かりませんので、事故受付はいつでも対応してくれるのは欠かす事のできない条件でありさらに週末や早朝に起こった事故対応がきちっとされていることをチェックすることが大事です。中にはいつでも事故対応となっていても事故対応時間が平日でなければ違いがあり短い場合もあるので知っておくことを忘れてはいけません。また、もしかしたらを考えて事故拠点もしっかり調査しておくことも忘れてはいけません。どんな自動車保険会社でも事故拠点が近くになければ事故対応がすぐに行われない状況もございますので近所に対応拠点があるかを事故処置の違いを評価する材料です。ある程度の自動車保険の会社は区間ごとに拠点が存在する場合もありますので事故が起きたときの対応も充実しておりその場で行わなければならない事故処理もちゃんと伝言をくれると高く評価されています。