普通自動車保険会社は行き届いていると案内しますが自動車事故をした状況で実際にきちっと取り組んでくれるか気に掛かります。なかでも電話で加入するダイレクト自動車保険と呼称する店舗がない保険会社では顔が分からないという状態も不安になってしまいそうです。そうは言っても、通販型と実際にあるお店を所有している保険会社の取り組みにほとんど差はないですし、通販型のほうが人件費が減らせる分掛金が低いので車での事故をしなければ月々の保険料を下げることが可能なのです。それならば、車の保険会社によって対応に隔たりがあるのかないのかといえばノーではありません。その差異は店舗型の自動車保険通販型という判断ではなく個別の保険会社で事故処理をする時間帯や日付が異なることによります。自動車事故はいつ何時発生するか分かりませんので、対応は24時間受付してくれるのは欠かす事のできない条件であり、加えて休日や夜間に起こった事故対応がきちんとしているかを調べてみることが大事です。業者によっては、いつでも事故対応という場合でも対応時間が平日と異なっていて切り上げられる保険の会社もあるので確認が大事です。また別に、万が一を想像して拠点も正確にチェックしておくことも必要です。たとえ保険会社でも対応拠点が多くなければ対応がすぐに行えない場合もありますので、自宅の近くに事故処理拠点があるかどうかも事故処置のちがいを比較する基準のひとつです。ある程度の保険屋さんは地域ごとに拠点を所持しているケースもございますので事故対応も十分でその場でするべき対応にもちゃんとアドバイスをしてくれると評判がいいです。