予期せず、突然出会うのが自動車事故です。この場面でどんな風に処理した結果で、自動車保険料の受け取り額もかなり違ってくる時も予想できますので判断と対応力が不可欠です。想像できない状況に出会ってパニックになってしまったとしたら必要な工程を忘れてしまい、それからあなたがかなり大きな損をしてしまう場合も想像できるので交通事故をしてしまった時には正しく次に記述した作業するとよいかもしれません。自動車の事故の遭遇した状況で最も初めにしなければいけないのが負傷した方の状況を確認する必要があります。交通事故のすぐ後は頭が混乱して喪心状態になってしまう時がありなかなか対処できないのが当然です。その状況では、負傷した方がいた場合には安全な地点に動いて手当てを施し119番通報するようにして人命救助の最優先に努めることが大事です。119番に連絡する場合は正しい位置を知らせ不明確な状況では有名な学校や交差点名を伝えて事故の地点が分かるようにします。2番目に警察に連絡し、事故があった事、現状を告げます。救急車とパトカーが来るのを待っている間に事故相手の身元を確認します。姓名、住所、電話番号、ナンバープレート、相手の自動車保険会社名等お互いの内容を教えます。その時に事故相手にミスがあった時にはそこでやり取りしようとする場合が考えられますがその場で解決するのではなく、どんな風なケースでも110番や自動車の保険会社届け出て確認してもらう事が大切です。各々の内容を伝えたら他者の妨げになるのを避けるために障害になる物を道路からどけます。どうしても被害が他人の自動車の障害となっている状態では、各々の情報の交換をするよりもこの作業を行ってしまっても問題はないはずです。その後あなたが掛金を支払っている自動車の保険会社に連絡して事故が起こった事を電話します。交通事故から特定時間内に自動車の保険会社に連絡を入れないと自動車保険の適用除外となることも考えられるので気がついたら素早く電話をすることが欠かせません。可能ならば事故現場の証拠として、デジタルカメラやタブレットなどを使って状況やマイカーの破損が分かる写真をを撮影しておきます。これは過失のパーセンテージ決めるデータとなりますので、あなたの自動車や先方の車の破損を全て証拠写真として残しておくことが大事です。その状況で他の人がいれば警察の方や自動車保険会社が着くまで事故の現場に待機して頂けるように話しておくことも重要です。